顔を小さくするためには|小顔を作る方法を知ろう【幅広い種類から検討】

小顔を作る方法を知ろう【幅広い種類から検討】

顔を小さくするためには

看護師

原因からアプローチを

顔が大きく見える原因はいくつかあり、すべてが先天的なものとは限りません。生まれつきのものとしては骨格がありますが、頭蓋骨が平均より大きいと顔も必然的に大きくなります。ただ、頭蓋骨の大きさの個人差は少なく、背の高い人は大きめですが、全身のバランスが取れていれば顔だけ大きく見えることはありません。頭蓋骨の形によっても印象が変わり、額だけ大きい、顎が張り出しているといった特徴でも顔が大きく見える場合があります。一方で、後天的な原因としては脂肪があります。顔に余分な脂肪がつくと顔全体が丸くなり、大きく見える場合があります。脂肪ではなく水分がたまると血管から水分が染み出し、むくみが引き起こされて顔が大きくなります。また、筋肉が衰えて皮膚にたるみが出ても、顔が大きい印象になります。エラ部分についている咬筋という筋肉が大きく発達すると、顔が四角くなり、顔全体が大きく見えてしまいます。咬筋は歯のかみしめ癖がある人も張り出しやすく、顔が歪んで更に大きく見える原因にもなります。これらの原因を解消することで小顔を作ることは出来ますし、美容整形外科でも小顔整形術にはいくつかの種類があります。理想的な小顔にするには、まず顔を大きく見せている原因を明確にして、適切な対処をする必要があります。脂肪が原因なら脂肪を取り除く、むくみが原因ならむくみを取るといった対処が必要ですし、全身のバランスを見て整える必要があります。症例数が多く技術の高い美容整形外科医は、その人の顔のどの部分をどのように整形すれば美しくなるかを的確に診断できます。一人ひとり脂肪や筋肉の付き方や骨格が異なりますので、その人に最適な施術を事前カウンセリングで診断し、治療法を提案してくれます。脂肪を取り除く場合には脂肪吸引や脂肪溶解注射などの術式がありますし、筋肉を縮小させるならボトックス注射があります。取り除くだけでなく、ヒアルロン酸を注入することで美しい小顔に整う場合もあります。骨格を変える場合には骨切りが必要ですが、小顔にするからと言って必ずしもメスを使った手術が必要になるとは限りません。顔を小さくしたいという要望は増えていますが、顔を小さくすることで目鼻立ちを際立たせ、全身のバランスも良くなる整形が理想の整形術です。

Copyright© 2018 小顔を作る方法を知ろう【幅広い種類から検討】 All Rights Reserved.