小顔を作る方法を知ろう【幅広い種類から検討】

小さな顔を作る色々な方法

顔に触れる女性

脂肪が多い人は脂肪吸引で

小顔整形にはいくつかの方法があり、近年では外科手術を行わずに小顔に見せられる施術も増えています。なぜ顔が大きく見えているのかは、人それぞれ理由が違うので、それに合った方法を選ぶことが大切です。例えばエラが張っている人は、下顎角という骨を削るなどの外科手術で小顔にすることが可能です。しかし外科手術はダウンタイムが長く、安全性を考慮して理想通りには骨が削れない場合もあります。もし頬の肉がたるんでいる場合や咬筋が張っている場合は、ボトックス注射を打つことで筋肉を緩めて顔を小さくすることができます。エラ削りの手術は全身麻酔下で行われるため、事前の血液検査が必須です。血糖値や肝臓及び腎臓機能、貧血など様々な項目を検査し、麻酔や手術に耐えられるか調べます。また、骨の画像をCTで撮り3次元実体模型を作って、手術の参考材料にします。他に行われる検査は、心電図検査や胸部X線検査、血圧測定などです。手術や施術を受けるには、まずドクターとカウンセリングする必要があります。予約フォームか電話で予約を入れて、自分に合う小顔整形方法は何かを相談してください。二重あごに悩んでいたりあごや頬の脂肪が1センチ以上つまめたりする場合の小顔整形は、脂肪吸引が最適です。もしダイエットがリバウンドしても、脂肪吸引をした人は再び顔周りに肉が付くことはあまりなく、効果は半永久的と言われます。しかし、脂肪の量が少ない人では効果を感じられない可能性があります。元来の脂肪吸引による小顔整形は、処置後に皮膚がたるんだりデコボコが出たりすることがありましたが、最新型の機器ではほとんど心配いりません。少ない痛みで体の負担も軽くなっており、傷跡も残りにくいです。整形手術の中では比較的気軽に受けられる施術に分類されますが、ダウンタイムはあります。個人差はあるものの、1週間くらいが目安です。また、ダウンタイム後すぐ細くなるのではなく、段々と細くなっていくのが一般的です。脂肪吸引を行った後は、腫れを最小限に抑えるためにフェイスバンドなどで圧迫することが推奨されています。これは3ヶ月ほど継続すると良く、さらに術後1週間頃からマッサージすると脂肪吸引した場所が硬くなるのを防げます。

Copyright© 2018 小顔を作る方法を知ろう【幅広い種類から検討】 All Rights Reserved.